お問い合わせ

スタッフblog

ZEH

ZEH

1.ZEH(ゼッチ)とは?

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、住まいの断熱性能や省エネ性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを創ることによって年間の一次エネルギー(※1)消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅です。

※1 一次エネルギー
石油・石炭・天然ガス・原子力など、自然から採取されたままの物質を源としたエネルギーのこと。

経済産業省でZEHは「外皮(※2)の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ、大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより「年間の一次エネルギー消費量(※3)の収支がゼロとすることを目指した住宅」と定義しています。

※2 外皮
建物の室内と室外を区画している部位の総称で、特に熱の境界のこと。屋根、天井、外壁、開口部、床や基礎を指す。

※3 再生可能エネルギー
法律で「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」として、太陽光・風力・水力・地熱・太陽熱・大気中の熱、その他の自然界に存在する熱、バイオマスが規定されている。

2.これからの政策

政府は低炭素・循環型社会の構築を図り、持続可能で活力ある国土づくりを推進することを重要な課題としています。
「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
(経済産業省 資源エネルギー庁ホームページより一部抜粋)

※4 認定低炭素住宅
 建物の一次エネルギー消費量が2013年改正省エネ基準に比べて-10%以上となる住宅
※5 LCCM(ライフサイクル・カーボンマイナス住宅)
 建設から廃棄までの一生涯のCo2収支をマイナスにする住宅。

当社のZEH

~一年を通じて快適な、木の香りいっぱいのZEH~

1.断熱について

当社は断熱材に積水化学製フェノバボードを使用しています。

ご予算に応じて、外張断熱と充填断熱の両方を行う付加断熱と充填断熱のみをお選び頂けます。

①外張断熱 + 充填断熱の付加断熱での施工例
相乗効果でより高い断熱性能を実現しています。
断熱性能等級4
外皮平均熱貫流率UA値0.33(H27年実績)

②充填断熱での施工例
十分にZEH住宅の基準を満たしています。
断熱性能等級4
外皮平均熱貫流率UA値0.5(H29年実績)

2.工法について

木造軸組工法を基準とした金物工法を採用しています。金物工法の利点は、木材に複雑な加工がなく、木材の断面欠損が少ないので、強い構造体に仕上がるということです。

3.木材について

主にヒノキを使用しています。
ヒノキは古くから建築用材料として使われてきました。
耐朽性が高く強度が落ちにくいので、世界最良の針葉樹材といわれています。
またその香りにはヒノキチオール、フィトチッドと呼ばれる成分が含まれ、香りが楽しめるだけでなく、抗菌性・殺菌力もあると言われています。

4.内壁

主に土佐漆喰を使用しています。
漆喰は湿度を調整し、結露を防ぎ、悪臭を吸着すると言われています。
又、有害物質が含まれておらず、身体や環境に優しい素材です。

ZEH事業計画書

ページの先頭へ戻る